アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院 米国校について > CSPPの歴史
CSPPの歴史
カール・ロジャース
カール・ロジャース
(Carl Rogers)
ヴィクター・フランクル
ヴィクター・フランクル
(Viktor Frankl)
アブラハム・マズロー
アブラハム・マズロー
(Abraham Maslow)
ヴァージニア・サティア
ヴァージニア・サティア
(Virginia Satir)
カール・ウィテカー
カール・ウィテカー
(Carl Whitaker)
ジェームス・フラモ
ジェームス・フラモ
(James Framo)
ジェイ・ヘイリー
ジェイ・ヘイリー
(Jay Haley)
イワン・ボスゾルメニ - ナギイ
イワン・ボスゾルメニ - ナギイ
(Ivan Boszormenyi-Nagy)
CSPPの歴史


1960年代 PTSD治療のできる心理専門家の育成

1960年代、米国ではベトナム戦争で激動する社会情勢を背景に、帰還兵たちのメンタルヘルスの現場では多数の心理臨床の専門家が必要とされていました。当時の全米の高等教育機関では心理学の研究者育成が主となっていましたので治療者の数は決定的に不足していたのです。そこで1969年、医者や研究者ではなく治療現場で仕事が出来るサイコロジストを育てる目的で、カリフォルニア州心理学会の協力を得て創立されたのがCalifornia School of Professional Psychology(CSPP)でした。当初はロサンジェルスとサンフランシスコの2キャンパスで、250名の有志が無償で働き、10名に満たない有給のスタッフとで単科大学院を始動させたのでした。


1970〜90年代 心理学者ロジャース 精神科医独占に挑戦

20世紀前半の米国精神分析の世界では、欧州とは異なり、精神分析家は精神科医でなくてはならないような風潮にありました。そこに異議申し立てをした心理学者のひとりがロジャースでした。時代の要請であった臨床のできるサイコロジスト育成のため、ロジャースもCSPPの教壇に立ちました。

1970年代のCSPP創成期には、クライアント中心療法の創始者カール・ロジャース(Carl Rogers)をはじめ、実存主義心理学のヴィクター・フランクル(Viktor Frankl)やアブラハム・マズロー(Abraham Maslow)が教鞭をとっていました。家族療法を創造発展させてきたパイオニア達としては、機能不全家族を定義し卓越した臨床家だったヴァージニア・サティア(Virginia Satir)、経験的家族療法のカール・ウィテカー(Carl Whitaker)、原家族療法のジェームス・フラモ(James Framo)、戦略派家族療法のジェイ・ヘイリー(Jay Haley)、システミック家族療法のイワン・ボスゾルメニ-ナギイ(Ivan Boszormenyi-Nagy)らもCSPPの教壇に立ってきました。
その後、CSPPはキャンパスを増やし、米国西部学校・大学協会大学委員会(WASC Senior)、さらに米国心理学会(APA)の認定を受けて、カリフォルニア州における正式な教育機関となりました。創立当初から臨床のプロフェショナル育成に主眼を置き、机上で学習した理論を臨床の場で応用すること、実際のクライアントに対応できる力を養うことが重要であるとの考えからカリキュラムが構築されています。

設立以来40年で、CSPPが博士号・修士号を授与した学生は6,000名以上にのぼります。カリフォルニア州の認定クリニカル・サイコロジストの50%、臨床現場における研究の4分の1はCSPPの修了生及び関係者によって占められています。理論、実践的応用、研究(新しい知識の探索)の三本の柱で構成されたCSPPのカリキュラムは、心理臨床家育成のモデルカリキュラムとして、米国中の多くの大学院に取り入れられるようになりました。2000年までには州内のキャンパスも増え、他の専門大学院と共にAlliant International Universityとして総合高等教育機関となりました。


2002年9月東京サテライト・キャンパス新設

CSPP日本校臨床心理学修士課程開講は、その原動力となった二人の臨床家の出会いから十数年が経っていました。精神科医療や依存症治療の現場を通じで心理セラピストが果たす役割を認識していた精神科医の斎藤学博士と、米国CSPP博士課程で心理臨床の専門職大学院教育を受け州認定クリニカル・サイコロジストであった西尾和美博士は、1980年代後半の当時から心理カウンセラー教育の場が日本にはもっと必要だという認識を共有していました。
日本の臨床現場でぶつかる様々な形の依存症や、機能不全な家族で育った大人たちが直面する訳の分からない苦しさ。うつや不安、統合失調症に代表されるような精神疾患だけではなく、ひきこもり、家庭内暴力、夫婦間のドメスティックバイオレンス、虐待する親、複雑性PTSD、セクシュアリティなど医療の診断とは直接関係のない事柄や、家族の心理的問題が根っこにあって葛藤するクライアントたちとも向き合える心理職の育成です。西尾博士の母校でもあるCSPPの教育モデルを日本に導入しようと、文字通り東奔西走した10年を経て臨床心理学修士課程はスタートしたのでした。
CSPP日本校の根幹となることの一つがWASC Senior (米国西部学校・大学協会大学委員会)のカリキュラム認定で、これは授与される修士号が適格であることを学生や他の教育機関、一般市民や社会に向けて保証しているものです。加えて、2014年には文部科学省により臨床心理学研究科としては初めて外国大学日本校の指定を受けました。2015年9月には第11期生を臨床現場へ送り出せる見通しで、修了生は200名を超えます。