東京サテライトキャンパス開校10周年記念シンポジウム
人のつながりを活かす心理学とは~Psychology as Public Good
カリフォルニア臨床心理大学院東京サテライトキャンパスは開校から10年の節目を迎えました。この10年を振り返りつつ、これからの心理学の展望についてPsychology as Public Good(公共の利益としての心理学)をテーマにディスカッションをしてまいります。また午後の部では、今の日本での心理臨床を考察するテーマとして、孤独死が問題化している高齢者や、発達障がいを持つ人々と家族や地域社会とのつながりについての二つを取り上げます。各テーマに多様な立場で関わりをもつCSPP教員と修了生を中心に日米11名のパネリストたちが登壇いたします。
主催 アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院、10周年記念行事実行委員会
日時 2012年9月9日(日)10:00~17:00
会場 カリフォルニア臨床心理大学院 東京サテライトキャンパス
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-2-3 Z会御茶ノ水ビル7階
参加費 無料
定員 80名
プログラム 9:30 開場・受付
10:00 開会の挨拶 ジェフリー・コックス アライアント国際大学総長
10:15〜11:30 第一部 カリフォルニア臨床心理大学院東京キャンパスの10年の歩みとこれから ~日本における心理学の未来を考える
11:30〜13:00 ー 休憩 ー
13:00〜15:00 第二部 孤独死と臨床心理:多角的視点から見る高齢者のケア
15:00〜15:15 ー 休憩 ー
15:15〜16:45 第三部 発達障がいにおける「関係性」:臨床心理学の役割
16:45〜17:00 総括
17:00 閉会の挨拶
ダニー・ウェディング
カリフォルニア臨床心理大学院国際プログラム副学長
第一部 詳細 カリフォルニア臨床心理大学院東京キャンパスの10年の歩みとこれから
~日本における心理学の未来を考える


CSPPが東京にキャンパスを開校して10年。この間に日本や海外から新しい学びを求めて集まった学生の170名以上が修士課程を修了しています。東京サテライトキャンパス誕生までの道のりや、この10年の歩みを振り返りながら、これからCSPPが心理学という分野を通してどのような貢献ができるかを考えていきます。

座長 向後善之准教授向後善之准教授

臨床心理士
パネリスト ナタリー・ポーター教授ナタリー・ポーター教授
モーガン・サモンズ学長モーガン・サモンズ学長
西尾和美名誉教授西尾和美名誉教授

日本家族と子どもセラピスト学会理事
西尾リプロセス協会長
本間玲子教授本間玲子教授

臨床心理学研究科
プログラム・ディレクター
   
第ニ部 詳細 孤独死と臨床心理:多角的視点から見る高齢者のケア

独り暮らしや高齢者夫婦のみの世帯が増加する中、周囲から孤立し十分な介護・保険・医療を受けないまま孤独死に至るような問題が顕在化しています。高齢者の心の問題やその支援についての現状を理解し、高齢者と家族や地域のつながりを育むために心理臨床の専門家に何ができるかを考えます。また、高齢の家族の死について文化的視点も考察していきます。

座長 本間玲子教授(臨床心理学研究科プログラム・ディレクター)
パネリスト 中谷三保子博士中谷三保子博士

帝京平成大学
臨床心理学研究科長
斎藤学名誉教授斎藤学名誉教授

家族機能研究所代表
医療法人社団學風会
さいとうクリニック理事長
富永滋也富永滋也

心の相談室ルーツ代表
臨床心理士
2005年修了
栗山恵久子栗山恵久子

介護支援専門員
介護福祉士
2011年修了
   
第三部 詳細 発達障がいにおける「関係性」:臨床心理学の役割

人との関係を築くことが困難といわれる発達障がいを持つ子どもには、自分をとりまく世界とどう関わっていくかは成長していく上での大きな課題です。彼らが自己肯定感をはぐくみ、周囲の人々と良好な関係を持ち、地域の一員として暮らしていく。そして自らの家庭を持ち、親となって子どもを育てていく。彼らがそのような豊かな人生を歩むために、心理臨床の専門家ができる支援とはどのようなものでしょうか。発達障がいの最新の研究、診断査定、日米で行われている介入と支援の形を紹介しながら、心理臨床家の役割について考えていきます。

座長 中本テリー講師中本テリー講師

臨床心理士
パネリスト 北川聡子北川聡子

社会福祉法人「麦の子会」理事
総合施設長 通園施設「むぎのこ」園長
2005年修了
田中葉子准教授田中葉子准教授

クリニカルサイコロジスト
西澤奈穂子准教授西澤奈穂子准教授

クリニカルサイコロジスト
   
司会・総括 江夏亮准教授江夏亮准教授

臨床心理士
お申込 こちらに必要事項をご記入の上、送信下さい。