よくある質問 > よくある質問
誰もが気になる30の質問
1
出願・入学審査について
  • 1. 心理学の学士号や臨床経験がありませんが受験できますか?

    • 心理学の学士号や臨床経験がない方でも出願はできます。しかし、院生として在学中の学びの質を高めるためには、何らかの臨床経験や、臨床心理の基礎知識などがあるに越したことはありません。できれば、出願前に自殺予防のホットライン、DV被害者のシェルター、薬物依存症などの自助グループなどでボランティア経験をさせてもらうのもよいでしょう。又、カウンセリング関係のワークショップへの参加も役立つと思います。
      CSPP日本校では秋春に出願を受け付けていますが、学士号が心理学専攻でない出願者には秋期受験をお勧めします。秋期合格者には、入学準備ミニレクチャーを用意しています。
  • 2. 受験するにあたり職種や年齢の制限はありますか?

    • 制限はありません。アライアント国際大学は人種・性別・宗教・年齢・障害・セクシュアルオリエンテーションや職業に関係なく全ての出願者を公平に審査します。
      心理的援助職というのは人生経験が役立つことも多い反面、邪魔になることもあるという複雑な仕事です。臨床心理学を学ぶということは、ご自分の人生経験や職業経験が、またはその経験の無さが、心理面接の邪魔になっているかもしれない事に気づき、それをどう修正すればクライアントの利益を守ることになるのかを学んでいく過程でもあります。このプロセスに年齢は関係ありません。
  • 3. パーソナル・エッセイとは何を書けばよいのですか?

    • 書式は自由です。項目A〜D (募集要項参照) のテーマに応えながらご自分を紹介して頂くエッセイです。日本語でA4用紙2〜3枚程度の文章を提出してください。 内容だけでなく、大学院生としてふさわしい文章能力も評価の対象となります。
  • 4. 推薦状とはどのような方にお願いすればよいですか?

    • 三親等までの家族、および出願者本人と治療関係にある、もしくは過去に治療関係にあったセラピストは推薦者として該当しません。それ以外の方で、会社の上司・同僚、友人、大学の先生、ボランティア先のリーダーなど、出願者本人のことを社会的にも個人的にもよく知っている方からの推薦状が望ましいです。
  • 5. 小論文にはどのようなことを書けばよいのですか?

    • 課題テーマ(詳細は募集要項参照)における知識や出願者自身の見解と論理を、A4用紙2〜3枚程度にまとめたものを提出してください。大学院生としてふさわしい論理の流れや論文執筆能力が審査されます。
  • 6. 二次選考の面接で気をつけるべき点はありますか?

    • 複数の面接官(CSPP教員と在学生)との質疑応答をするグループ面接形式で実施します。その際、質問の返答の内容だけでなく、適切な自己理解度、大学院生にふさわしい態度や言葉使いなどが審査の対象となります。
  • 7. アメリカで修士号を取得しています。類似する科目がある場合、単位の認定(トランスファー)が可能ですか?

    • 米国の大学院プログラムは独自のカリキュラム構成をしており、類似するかのように見える科目でも内容は異なるという場合があります。トランスファーの審査はCSPPに出願して合格した後に行われます。米国の大学院で心理学系の修士号を取得したか、又は一部を履修済みの方は、履修したクラスのシラバスをプログラムディレクターに提出し、審査され認められた教科の単位のみトランスファーが可能となります。