CSPP日本校ならではの特長 > CSPP日本校の5つの特長
5  ダイバーシティーを尊重する姿勢
多様化する家族と子どもの問題に対応できる心理臨床家の育成
家族、学校、職場がこれほど急激に変化しているのは、世界の中でも日本くらいではないでしょうか。個々では対応できないほどの速さで複雑化する環境は、大人にも子どもたちにもさまざまな問題や病いを生じさせています。変化への対応が難しくなっている家庭や学校・職場で、支援を目指す仲間のスタッフと協働し、現代社会の多様な問題に対応できる心理臨床家の育成を目指しています。

エスニシティ、ジェンダー、セクシュアリティは多様な価値観こそが基本
民族や性別、性的指向によって人を差別しない臨床家を目指すことは、CSPP全体の教育理念の一つです。CSPP日本校でも差別のない個人と社会を思い描きつつ、自分たちの内なる差別にも敏感であるような専門家の養成を目指します。
101112
戻る