CSPP日本校のプログラム > 臨床心理学研究科とは
臨床心理学研究科とは
研究科とは大学院における教育の基本となる組織のことで、大学においての学部に相当します。米国では「研究科」に相当する言葉は無く、graduate program とか graduate school などと称され、そこに博士課程や修士課程が存在します。
歴史的には「臨床心理」は文字通り「臨床」つまりベッドサイドで患者と向き合う実践の治療行為として発達してきました。人は「他者に話をすることで多くの問題を解決していく力を備えている」「無意識は存在する」という百年余り前の仮説を土台に臨床の智恵が蓄積され、高等教育の学問として複数の理論と心理療法が生み出されてきました。
CSPP日本校の臨床心理学修士課程では、歴史の流れの中で受け継がれてきた精神力動的心理療法、家族療法、認知行動療法などの主たる理論を軸に、心理的社会的問題を抱えるクライアントを理解することを学び、彼らの回復を支援していくための心理療法を実践し修得していく研究科です。