CSPP日本校のプログラム > カリキュラム
WASC(米国西部大学・大学院協会)認定、米国大学院の基準に沿ったカリキュラム
米国西部学校・大学協会大学委員会(WASC Senior College and University Commission)は米国にある地域アクレデーション機関のひとつで、米国内外の高等教育機関を対象としています。WASC Seniorはカリフォルニア州・ハワイ州、加えて地域内の4年制以上の大学が運営する国外の大学教育課程を管轄しています。各高等教育機関が会員となり、教育機関の継続的な改善を支援し、適格認定を受けているそれらの教育機関が自らの理念に基づく教育を提供していることを、学生や他の教育機関、一般市民や社会に向けて保証しているものです。授与される学位は米国の臨床心理学修士号(Master of Arts in Clinical Psychology)です。

48単位による3年コース(基本履修スケジュール)
1年次 (17単位) 単位
秋学期 臨床心理学特講Ⅰ
(スクーリングと一部オンライン)
臨床心理学の歴史を振返り、精神分析から自我心理学、対象関係論などの精神力動論の基礎を学習する。臨床心理学の基礎となる人間性心理学、実存心理学などの理論からトランスパーソナルなどへの展開について学ぶ。 2単位
スクーリング:29時間
オンライン:1週
精神医学特論Ⅰ
(スクーリング)
生物‐心理‐社会モデルをもとに、精神疾患の症状をDSM-5による診断を通じて心理職として求められる基礎的な知識を習得する。 1.神経発達症群/神経発 達障害群 22.臨床的関与の対象となることのある他の状態 2.統合失調症スペクトラム障害および他の精神病性障害群 3.双極性障害および関連障害群 4.抑うつ障害群 5.不安症群/不安障害群 6.強迫症および関連症群/強迫性障害および関連障害群 7.心的外傷およびストレス因関連障害群 1.5単位
スクーリング:24時間
専門家意識と
グループセラピー技法体験実習Ⅰ

(スクーリング)
心理援助職として、とくに初心者が向き合う諸問題について議論し、専門職に必要とされる事柄への理解を深める。家族ジェノグラム作成と発表。 0.5単位
スクーリング:8時間
生涯発達心理学特論
(オンライン)
人間の心身の生涯発達と発達課題、その達成と影響について学ぶ。心理臨床場面における問題や悩みを発達的観点から理解する。 3単位
スクーリング:3時間
オンライン:14週
春学期 臨床心理学特講Ⅱ
(スクーリング)
記憶や感情の働きを学び、行動論、認知論、認知行動療法などの現代における心理療法の展開を通じて、臨床心理学の基礎となる理論について学ぶ。 2単位
スクーリング:32時間
精神医学特論Ⅱ
(スクーリング)
生物‐心理‐社会モデルをもとに、精神疾患の症状をDSM-5による診断を通じて心理職として求められる基礎的な知識を習得する。 8.解離症群/解離性障害群 9.身体症状症および関連症群 10.食行動障害および摂食障害群 11.排泄症群 12.睡眠‐覚醒障害群 13.性機能不全障害 14.性別違和 15.秩序破壊的・衝動制御・素行症群 16.物質使用障害群 17.神経認知障害群 18.パーソナリティ障害群 19.パラフィリア障害群 20.他の精神疾患群 21.医薬品誘発性運動症群および他の医薬品有害作用 1.5単位
スクーリング:24時間
専門家意識と
グループセラピー技法体験実習ⅠⅡ

(スクーリング)
ディスカッションやロールプレイなどを通してグループ療法を体得的に学習する。AAまたはNAのオープンミーティングに参加する。 0.5単位
スクーリング:8時間
臨床心理学統計・研究法特講
(オンライン)
学術論文の知見を正しく理解するために、臨床心理専門職として必要な心理統計学の基礎知識を学ぶ。 3単位
オンライン:15週
夏学期 心理療法特論(子ども心理療法)
(集中講義二学年合同)
児童~思春期の心身の成長過程を発達的側面から理解し、家庭・学校における心理社会的問題を軸として、学校カウンセリングの実践を学ぶ。虐待を受けた幼児から前思春期の子供への介入法として、プレイセラピーの実践力も養う。 3単位 7日間連続
スクーリング:48時間
・スクーリングは東京キャンパスにて、年に10回程度行われます。
・オンライン講座は基本的に好きな時間に指定のサイトにログインして受講できます。
・1年次・2年次の夏期集中講義は、米国校の教授により行われますが、通訳がつきます。
・カリキュラムは変更される場合があります。