CSPP日本校のプログラム > 修士課程概要
臨床心理学研究科概要
文部科学省指定 外国大学日本校
アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院日本校臨床心理学研究科は、2014年12月、文部科学省より「外国大学日本校」として指定されました。大学院の臨床心理学研究科としてはCSPP日本校が初めてです。
集合写真
PDFアイコン
アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院
ダウンロード(PDF形式:4.8MB)
履修期間 3年間
単位 48単位
専攻 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻(修士課程)
講義の形態 仕事を続けながら全国から通学できるように、授業が構成されています。
・月1回、土日の週末や祝日を利用した東京でのスクーリング(対面授業)
・各自、どこでも好きな時間に参加できるインターネットを使ってのオンライン授業
・7〜8日間の夏期集中講座
・学生の在住する地域で行うことが可能な臨床実習
講座はディスカッションを含み、ロールプレイも取り入れた米国の授業スタイルで行われます。
家族や子どもを取り巻くあらゆる問題を考え、成人のうつや不安、薬物依存問題、夫婦関係、親子関係、学校問題、ひきこもり、児童虐待、高齢者の問題、トラウマ等を様々角度から講座の中で取り上げます。
学位授与 WASC Senior(米国西部学校・大学協会大学委員会)から認定されている教育機関であるAlliant International University / California School of Professional Psychologyより米国の臨床心理学修士号(Master of Arts in Clinical Psychology)が授与されます。